TEL 075-463-3119

〒604-8463
京都市中京区西ノ京円町5-4

京都インプラント・矯正センター
京都インプラント研究会所属

京都市中京区の歯科 審美歯科 ホワイトニング 矯正歯科 インプラント たかはし歯科医院

診療案内

たかはし歯科医院求人専門サイト

たかはし歯科医院ブログ

京都インプラント研究会について

歯科治療に、安心の分割払い!今、頼りになる銀行ローン

HOME»  診療案内

むし歯治療

できるだけ削らない、できるだけ歯を残す。
当院での むし歯治療は、「できるだけ削らない」「できるだけ歯を残す」ことを目指して、治療に取り組んでおります。
食生活の見直し、歯磨き習慣の見直し、歯の原因菌を減らす処置、フッ素の利用などおこなっております。

詳しくはこちら

歯周病

こんな症状ありませんか?
歯茎から血が出る方、口臭がある方、歯茎がやせた方、歯がぐらついてきたと感じる方。
このような症状がひとつでもあれば歯周病の疑いがあります。

詳しくはこちら

予防歯科

まずは歯のチェックからさせていただきます。
歯と歯肉がどのような状態かチェックし、歯石がある場合は除去します。その後、プロによるテクニックでくまな くクリーニングします。
クリーニングが終わったあとは、歯全体にフッ素を塗り、虫歯予防をします。
歯をきれいにしつつ、虫歯予防もできてしまうのです。

 

詳しくはこちら

レーザー治療

虫歯の予防

歯の表面にレーザーを照射すると、表層がガラス化し歯質が強化され虫歯になりにくくなります。痛みは全くありません。またフッ素を併用すると予防効果がより一層高まります。

虫歯の治療

虫歯で軟化、感染した歯質をレーザーで除去し、同時に虫歯菌を殺菌する効果もあります。虫歯を除去したところが少し焦げる場合がありますが、ほとんど痛みはなく、その後に詰め物をしますので心配はありません。

象牙質知覚過敏症の処置

磨耗や歯周病などで歯が冷たいものなどに一時的に痛みを覚える(象牙質知覚過敏症)場合、レーザーを照射すると痛みを軽減することができます。

歯周病(歯槽膿漏)の治療

歯ぐきヘレーザーを照射することで、免疫性を増強し、細菌の定着や歯肉の炎症をおさえ、殺歯効果も期待できます。また、歯ぐきが腫れた場合(歯周膿瘍)は、レーザーメスとして使用し、膿瘍を切開、排膿させます。痛みと腫れは緩解し、治癒も早くなります。

口内炎の治療

口内炎の部分にレーザーを照射すると、自発痛や接触痛などが消失し、治癒も早く経過は良好です。

メラニン色素沈着症の処置

歯ぐきがメラニン色素沈着で黒づんでいるところにレーザーを照射し、着色部分を除去します。痛みを生じることもなく、短時間で除去でき、―週間もすればきれいなピンク色の歯ぐきにもどります。

腫瘍の切除

通常のメスの代わりにレーザーを照射し、レーザーメスとして使用し、腫瘍を切除します。手術中、術後の出血や痛みはほとんどなく、良好な治癒状態となります。

顎関節症の処置

顎関節症における痛みには、筋肉の痛みと関節部の痛みがありますが、レーザーを照射することでそれらの痛みを緩和することができ開口状態も回復してきます。

詳しくはこちら