求人専門サイト

ブログ

QRコード

HOME»  一般歯科

一般歯科

虫歯治療

できるだけ削らない、できるだけ歯を残す

当院での虫歯治療は、「できるだけ削らない」「できるだけ歯を残す」ことを目指して、治療に取り組んでおります。

食生活の見直し

歯みがき習慣の見直し

フッ素の利用など

これらを徹底することと定期的な検診で虫歯の再発はできる限り抑えることが可能です。

虫歯の原因

虫歯は、感染症のひとつです。つまり、お口の中にいる細菌によって虫歯になるのです。
お口の細菌は砂糖を栄養として増えていき、ネバネバとした物質(歯垢)を作り出します。
そして、歯垢の中で砂糖を分解して作られる酸が歯を溶かしていき、虫歯になります。
虫歯は、C1~C4までの4段階のレベルに分けられています。

虫歯の進行具合

【C1】

c1

歯の表面はエナメル質で覆われており、 虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

【C2】

c2

エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

【C3】

c3

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまう歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

【C4】

c4

虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症となり、腫れを起こします。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

レーザー治療

レーザー治療とは

レーザー治療は、光のエネルギーを生体の表面で熱に変え、悪い所を除去し、周りの健康な組織に影響をおよぼしにくい安全なものです。
さらに、出血も少なく、痛みを和らげたり、腫れをおさえキズの治りを早くする効果もあります。
当医院では、医療用レーザーとして最も広く使われている炭酸ガスレーザーを使用しています。

 

歯科治療におけるレーザー治療の効果

■虫歯の予防
歯の表面にレーザーを照射すると、表層がガラス化し歯質が強化され虫歯になりにくくなります。痛みは全くありません。またフッ素を併用すると予防効果がより一層高まります。
■虫歯の治療
虫歯で軟化、感染した歯質をレーザーで除去し、同時に虫歯菌を殺菌する効果もあります。虫歯を除去したところが少し焦げる場合がありますが、ほとんど痛みはなく、その後に詰め物をしますので心配はありません。
■象牙質知覚過敏症の処置
磨耗や歯周病などで歯が冷たいものなどに一時的に痛みを覚える(象牙質知覚過敏症)場合、レーザーを照射すると痛みを軽減することができます。
■歯周病(歯槽膿漏)の治療
歯ぐきヘレーザーを照射することで、免疫性を増強し、細菌の定着や歯肉の炎症をおさえ、殺歯効果も期待できます。また、歯ぐきが腫れた場合(歯周膿瘍)は、レーザーメスとして使用し、膿瘍を切開、排膿させます。痛みと腫れは緩解し、治癒も早くなります。
■口内炎の治療
口内炎の部分にレーザーを照射すると、自発痛や接触痛などが消失し、治癒も早く経過は良好です。
■メラニン色素沈着症の処置
歯ぐきがメラニン色素沈着で黒づんでいるところにレーザーを照射し、着色部分を除去します。痛みを生じることもなく、短時間で除去でき、―週間もすればきれいなピンク色の歯ぐきにもどります。
■腫瘍の切除
通常のメスの代わりにレーザーを照射し、レーザーメスとして使用し、腫瘍を切除します。手術中、術後の出血や痛みはほとんどなく、良好な治癒状態となります。
■顎関節症の処置
顎関節症における痛みには、筋肉の痛みと関節部の痛みがありますが、レーザーを照射することでそれらの痛みを緩和することができ開口状態も回復してきます。

3Mix法

3Mix法とは

3Mix法とは出来るだけ歯を削らないで済む画期的な治療法です。
3種類の抗生物質を使い、出来るだけ歯に負担を掛けずにむし歯の治療が出来ます。
神経を取ってしまうと歯はもろくなり割れたり、折れやすくなります。

3Mixにより通常なら深く進行してしまった虫歯で神経を取らなくてはならない場合でも神経を残す症例が多くなります。
※3Mix法は治療法の一つです。3Mix法だけで治ることはありません。

 

3Mix使用例

虫歯が神経に(歯髄)に非常に接近している場合、きれいに罹患歯質(むし歯菌に感染した歯質)を除去しても神経が露出してしまうと神経を取り除かなければならず、だからといって罹患歯質を残したままにしておけば、虫歯が進行していずれ歯髄炎になり、やはり神経を取り除かなければならず、だからといって罹患歯質を残したままにしておけば、むし歯が進行していずれ歯髄炎になり、やはり神経を取り除く治療になります。

そこで神経に非常に近接している部分だけ一部罹患歯質を残し、その上を3種類の抗生剤を混ぜた薬を(3mix)で覆うことによりむし歯菌を殺菌します。この薬が効けば深い虫歯でも神経を取らずに治療することができます。